<< AMSTEC トップページへ戻る



中伊豆の田舎にこだわりの大工がひとり・・・

古民家再生を手掛けています。

ほとんどの写真にコメントがは付きませんが、よーくごらんください。

<ご注意>
写真コメントは、KINEYAさんから聞いたことをAMSTECの表現にしております。
この表現の責任はAMSTECにございますことを
あしからず、ご了承ください。

▲シロアリでもなく、腐食というのでもなく、風化とでも呼ぶべき歴史の産物・・・
▲レーザー光で垂直、水平を整えていきます。
▲塚石と柱の間には、「鉛の板」を。 鉛の微妙な歪みで柱と塚石はしっかりと馴染みます。
▲風化(?)した土台は家をジャッキアップして取り除き、そこに新たに基礎、そして土台を作りなおします。
▲地震のとき、柱が塚石から外れて落ちてしまうことによって家が崩壊することがわかりました。
そこで、

塚石の周囲をコンクリートで広く平らに広げることで地震に対して強くなりました。しかも、柱はこのコンクリートとは固定しないことが耐震(免震)のノウハウです。
▲この格子がやさしい耐震です。筋交いなどで完全に固定するのではなく、握手した縦横の木が少しずつ食い込み合うというこのわずかな歪みが優しい耐震になっています。
▲三角形のこの金属も、上の格子による耐震と同様に完全に固定ということではなく、2枚の金属の間の特殊素材により、「歪む」、「戻る」という力により耐震に役立つという代物です。

<< AMSTEC トップページへ戻る