AMSTEC株式会社

0557-53-4000
定休日:毎週水曜日・年末年始
NO.1741
SOLD
中伊豆エリア
中伊豆スカイランド

490万円
490万円 (R4.5.24)
伊豆スカイラインに面した山の中の別荘地。知る人ぞ知る隠れ家のような場所ですよ。
property_main_image
property_floor_plan_image
property_layout_drawing
property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image
所在地 伊豆市冷川 [ 地図 ]
交通 修善寺駅12.8km
別荘地 中伊豆スカイランド
海抜 415m
間取り 1LDK
土地面積 301m2(91坪)
建物面積 37m2(11坪)
構造・規模 木造平屋建
築年数 平成17年(2005年)1月
経過年数 17年
地目 原野
建ぺい率 60%
容積率 200%
温泉 なし
駐車場 2台
購入時の費用 水道名義変更料:200,000円
仲介手数料など
維持管理費 管理費:月額4,000円
水道代(定額):月額2,000円
取引態様 売主
取材した私がコメントいたします。
伊豆スカイライン沿いにある小さな小さな別荘地です。一人暮らしか、仲の良いご夫婦に向いているミニサイズの家です。

交通の便を小田原くらいから説明してみます。ターンパイクで伊豆スカイラインを目指し、坂道を上ります(ここは結構スピードを出す車多いですね)。こうして走ること約40分で伊豆スカイラインです。ここからが景色が楽しめて渋滞知らずの伊豆スカイライン、ワインディングロードをドライブすること約40分でいよいよ到着です。小田原からは合計で1時間20分という道のりです。(Google mapの情報です)


伊豆スカイライン沿いにあるので、伊豆スカイラインが便利なのですが、毎日の生活を考えますと最寄りのインターまででも220円と少し懐に厳しいですね。でも大丈夫、修善寺方面には裏道もありますのでご安心ください(逆に言うと伊東方面には裏道がありません)。 この別荘のすぐ脇にはJA中伊豆リハビリテーションセンターがあり、その職員さんもかなりこの裏道を通勤に利用しているようです。もっとも、この別荘地の人たちも良く利用していますよ。

この家、一見すごく格好が良く作られていますので、つい購入したくなると思いますが、よーく見てくださいね。 屋根は波板の金属板です。また、モルタルの外壁は道路から見える部分だけで、裏に回りますと金属板になっています(勝手に金属板はモルタルより廉価だと私は理解しています)。つまり、家全体を廉価に仕上げたような気がします。

でも、魅力もあります。段差無き平家であること、静かなこと、また、床のフローリングがピカピカしていて素敵です。また、南に大きく張り出したウッドデッキも幅広で屋根付きです。庭を軽く見下ろすちょっとしたくつろぎ空間になっています。

畑には、ハクビシンや鹿、イノシシが訪ねて来てくれるようです。最初は可愛いと感じるようですが、畑を荒らされるのですぐに敵となってしまうようです。前のオーナーも畑の周囲にネットを張り巡らせて戦っていたとのことです。

さあ、田舎過ぎる(?)別荘地に廉価な造りの小さな家。価格も小さく抑えてみましたのでいかがですか?

弊社が売主なので、仲介手数料は不要です。さらに、建物未登記ですので、登記費用も安く済みますよ。ちなみに未登記とは言ってもしっかりと固定資産税はかかっています。


最後に、、、
中伊豆リハビリテーション病院の隣に巨大な宗教施設(真光教)があります。昔の「風雲たけし城」の大型版のようなすごい建物です。建築されてから既に40年くらい建つと思いますが、見学の際にはこの建物も是非見ておいてください。

以上です。
土屋秀がレポートしました。







"ズバリ"レポート