AMSTEC株式会社

0557-53-4000
定休日:毎週水曜日・年末年始
NO.1758
商談中

土肥エリア
別荘地外

980万円
980万円 (R4.7.22)
このロケーションに惚れちゃたら、建物の古さも道の狭さも気にならないよっていう貴方を待ってます。
property_main_image
property_floor_plan_image
property_layout_drawing
property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image property_image
所在地 伊豆市小下田 [ 地図 ]
交通 修善寺駅34km
別荘地 別荘地外
海抜 23m
間取り 8LDK
土地面積 782m2(236坪)
建物面積 350m2(105坪)
構造・規模 鉄骨造3階建
築年数 昭和63年(1988年)4月
経過年数 34年
地目 雑種地・宅地
建ぺい率 15%
容積率 30%
温泉 なし
駐車場 5台くらいは余裕で
購入時の費用
仲介手数料など
維持管理費 米崎区区費:年額10,000円
小下田連合区区費:
年額12,000円(定住)
年額6,000円(別荘)
取引態様 媒介
取材した私がコメントいたします。
こりゃ、楽しいに決まってますよ。
駐車場にカヤックが置き去りに、、、
そして、暖炉(もどき)前には釣り竿がいっぱい。
これらは皆、現オーナーがここの海で遊んできた証なんです。

元々はペンションだったようですが、セカンドオーナーの現オーナーは自分たちの保養施設として大いに楽しんでいたようです。

ドローン画像も掲載しているので、海との位置関係はお分かりになると思います ここは小さな港です。真夏でも観光客で混雑するなんてことはありません。私の子供が小さかったころ、柔道教室のメンバーでここを訪れたことがあります。その時も我々教室のメンバーだけでした。

さてと、建物の写真がきれいに撮れて過ぎてしまったのでその点を少し解説させてください。
ご購入のタイミングで屋根、外壁塗装を行うべきです。屋上の防水は限界です。既に客室の一つに雨漏りのような大きなシミが発生しています。 また、建物から半分出っ張るような風呂の屋根でも雨漏りの気配があります。
家の中は単に古くなってきているだけですので、整理整頓としっかりクリーニングで比較的簡単にきれいに生まれ変わると思いますが、外回りは少し手ごわいです。
エアコンも錆び錆びで、とても動くように見えません。これも一斉に入れ替えが必要でしょう。
ざっと、5ー600万円はかかるでしょう。(これは正式な見積もりではありません)

ただ、この物件は様々な可能性を秘めています。面白いです。
以下は勝手な私の妄想です。

「雨でもキャンセルのない海付キャンプ場」として売り出したいですね。
建物前のキャンプスペースは少しじめじめしていて心配ですが、奥にある沢からの水はアンキョなどでコントロールできないでしょうかね? それとも大量な砂利を敷きますか? 工夫して、キャンプスペースを4つくらい作れるように思います。

キャンプ場は天気でキャンセルが入る業種です。でも、ここでは、キャンプする1グループに建物の1部屋を雨天時の保険として雨天時に使ってもらうんです。普通の布団じゃないですよ。キャンプの予備ですから、室内でもキャンプです。布団ではなく、コットと寝袋で寝てもらうんです。BBQは?建物下のスペースでやってもらったらどうでしょう?

海は港の岩場です。砂浜とは違ってたくさんの生物との出会いがあります。魚は勿論ですが、石をひっくり返したら現れるカニ、ミニイソギンチャク、ヤドカリなどなど、、、、、。きっと子供たちは経験したことのない世界に引き込まれていくでしょう。
こんな場所が徒歩2分ですよ。2分。しかも混雑は絶対しない村人だけの磯なんです。

この秘境の海近物件は、あなたのアイデアで輝きます。夢があります。ただ、ちょっと建物が傷んでいるので、リフォームが大変かも知れません。

リフォーム覚悟の物件ですので、資金に余裕のない方はご遠慮くださいね。

年に3回、地域の草刈り作業があったりと地域の繋がりが濃い場所です。世帯数が年々減少していますのでこういった活動に積極的な貴方が来てくれると嬉しいですね。

修善寺から車で約1時間の場所にあります。

土屋秀がコメントしてみました。



既存不適格住宅
最後に重要なことをお伝えします。ここは自然公園法の第二種特別地域に入っています。 地元の漁業関係者などこの地に居住している方には特に大きな問題はないのですが、ここを別荘にしているような方、居住目的でない物件に関してはかなり厳しい制限がありますが、この物件はそれを満たしておりません。

例)
・隣地後退5mを満たしていない
・建物高さが13mを超えている
などです。

こんなに大きな建物がこの場所にどのように合法的に建築されたかは不明です。(建築時のオーナーとは連絡が取れないからです。)ただ今言えることは「既存不適格」であることです。これは、即解体ということではありませんし、利用していても大丈夫なのですが、再建築の際には今のような場所に、今のような背の高い建築物はできません。

再建築の際には今より
1)道路から5m下がった位置にして
2)建物の高さは13m以下にする
ことをしなければならなりません。言い方を変えると、そのような家なら再建築を堂々とできます。敷地は広いですから35坪の平屋だって、その総二階も可能です。

既存不適格という響きは良くないですね。ただ、銀行にはこの言葉は絶対でありまして、銀行ローンは通らないと思いますのでご注意ください。

これらを十分に考慮してこの物件をご検討ください。




***ドローン映像をどうぞ*****






"ズバリ"レポート